メニュー 閉じる

虚構推理第五話-想像力の怪物-に妄想による自己洗脳をみるなど




 

 

”自らの想像力で、妄想にすぎないものを現実化させてしまう”

いわば知性の自死、理性の消失

”つまらない真実よりも、エキサイティングな嘘がいい”

そしていつからか真実と嘘が自分の中で逆転してしまう

こういう過程はネットでよくみる陰謀論とか反なんとか、コロナはただのなんとか、のような頭がアレな存在に共通しているものではあるけれど、そうでない人間には影響がないわけではありません

 



たとえば「被害現場」のニュースを聞く、実際にはたいして目を引くモノはない

だから、そこに”何か刺激が欲しくなり”ちょっとだけ何かをつけ足して伝える

おそらくこのタイプの行動に、心の底から無縁であったと思える人はいないでしょう

(生涯で誰とも話をしない、する相手がいない、どんな発信をもしないという人は知りませんが…)

一度ネットワーク上にアップされたその餌は真偽ではなく、面白いか否か?のために”ちょっとだけのつけたし”が数万回に及び、原型をなくした”いんたーねっとにだけある真実”になり果てる

その凝縮された嘘とでっち上げのストリームに身をおく”妄想に浸食された人間”には「ネットには真実がある!」というエコーチェンバー、もっと正しい表現を使えば、”自分の妄想と他人の嘘”による無限の自己洗脳をオンラインにアクセスするごとに繰り返しているわけです

と、まぁそんな話をもっと面白くしてあるのがこちらの虚構推理「鋼人七瀬編」です笑

created by Rinker
¥462 (2022/01/21 15:13:31時点 Amazon調べ-詳細)

「まとめサイトは誘導のためにある」というあたりは、意識してない人も多いのですよね…

多数の意思がよくもわるくも一方向であるのは「偏り」ではあるわけですし、それを強化したいと、上の例のように「ちょっと刺激をつけたす」人々もいますから…

そんなわけでこちらも必携

(΄◉◞౪◟◉)

 




 

Posted in SNS, このえ書架, 未分類, 社会/法律

関連投稿