メニュー 閉じる

「思う」だけで他人を動かせるか?

こんな記事をツイートしてみました


DARPAといえばシュタインズ・ゲートなどの空想科学シリーズでおなじみになった名前!
と感じる人もいるでしょう、そう、私のように…

さておき、要は「電気信号」を適切な「インターフェイス」と「処理システム」を通せば「思う」ことで発する電気信号で何かを動かすことはできる、という話で、ひいては他人に脳に介入…的な話ではあるのでしょう

created by Rinker
5pb.
¥1,200 (2023/02/09 15:30:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥440 (2023/02/09 15:30:10時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみに電気信号で他人を動かせるかというと
部分的であったり、意図通りではないけれどできています
自分の脳が発した電気信号である感情、それを他人に文字で伝えるSNSなどは、多くの人を楽しくも不愉快にもできますよね
文字が自分の思いと他人のインターフェイス(接合面)となり、SNSが処理システム(その後に各個人の処理システムがあちますが)というわけです

そう考えるとTwitterのような意図しないコミュニケーションを伴うネットワークというのは、双方向通信といより、全方向干渉というほうが近そうです
(普段の生活で、なんか空気悪い、居心地悪いのアレも特有の動作を感じたりしているわけですが)

ところで実験を主導したDARPAですが、実は世界初のネットワークを開発した機関であったりもしますので、以下概略



ネットワークの始まり
旧ソ連がスプートニクス打ち上げ、その成功を目の当たりにしたアメリカは
「いやこれマズイ、負けるじゃん!」とあせって(意訳)科学技術研究機関ARPAを創設します
この組織がのちのDARPAになります

今で言う”ネットワーク”の構築のために作られたプロジェクトARPANETが動き出し、1969年にUCLA内のパソコンと、スタンフォード大学のパソコンを接続、「Lo」という文字の送信に成功します
接続こそうまくいったものの、実は「Login」という文字を送り切れずクラッシュしたのですが笑

この辺の知識自体は書籍に書いてありますので、この時代には是非

created by Rinker
¥2,508 (2023/02/09 15:30:11時点 Amazon調べ-詳細)

そこからのネットの盛り上がりは今でも肥大化の一途です
ネットワークがない世界に戻ることは事実上不可能でしょう
スマホを手放すと不安になる、検索しないと何もわからない人がけして少なくない
SNSでの人間関係からの訴訟や事件など…
ネットワークを通じて受け取る「誰かの考え」が十分に他人を動かしています

 

 

 



関連投稿