メニュー 閉じる

日常を維持するための呪いー呪いと日本人

 

 



装丁やタイトルからオカルト的なものを連想してしまいますね…笑
大雑把には社会心理や群集心理的な話に呪いという「システム」がなぜ使われ、なぜ今も必要なのかについてです

created by Rinker
KADOKAWA
¥792 (2021/07/24 18:19:27時点 Amazon調べ-詳細)

呪いという言葉を使わないだけで、同種の行為はいくつもあります、
私たちはそれらを悪意なく無自覚に行使することで日々を保っている…
つまるところ呪いというのは、社会生活や個人生活の安寧を維持するためのシステムやメソッドの一つにすぎないのである…ということでしょうか

特に面白かった呪いの機能4つを紹介します

 




「わからない」ことに「理由とカタチ」を与えて落としどころにする

今の時勢だと「なぜコロナが感染拡大するのか?」に対して
蓋然性が高いのは「換気が悪い密な環境で飲食しながらしゃべりまくるのをやめないから」
でしょうけれど、そういう方々は自覚も理解もないので、
「なぜ拡大はおさまらないのだろう?」と考えても理由はわからない、
その気持ち悪さを解消するために、他の何か/誰かのせいにすることで自分の中で認知の整合性をとるわけです
(全くとれてなくても、そう思い込めればOKなので笑)

仕組みとしては

よくわかってないけど、なんとなくわかりそうな気がする”「医療体制」や「政治」のせいにしておけば、
落としどころ(八つ当たりともいいますが)が目に見えるもの、カタチがあるものになり、そこへの罵詈雑言でガス抜きとなる

というわけです

これを呪いのシステムに置き換えると「よくないもの」がそのままではなんだかわからないですし、
それを祓った!と言っても納得しにくいので、「霊」や「障り」などカタチ(概念)を与えたものを祓うことで、
”なんとなく”わかりやすくして、受け入れさせるということです

「外敵」が必要な時にマッチポンプとして機能して、「英雄」を演出できる

いつの時代もやってますが、英雄は「災難」がないと誕生しえません
なので良くない何かを解決できたかのように見せるためには「敵」が必要ですよね
それを「呪い」という存在が担っていたりして、そういうビジネスもあったそうです(名称は書中で)
まあ「悪」の請負人は今でもいるのでしょうけれど…

*煽り屋やデマ屋はただの拝金主義であり、社会的には何かを背負える能力もなく、
善悪どっちにも立ってないただのゴミです

他には「意識や注目を逸らしたい」時などにあえて悪者や悪いニュースなどを流すなど
常識的な戦術として使われていますよね、なんでこのタイミングでそのニュースやねん?
とは思いつつも、人は判断に感情が最優先しますのでとても効果的です

邪魔者は外側にはじき出す

こんなツイートもしましたが


御霊信仰も身も蓋もなく言うと
怨霊に対して

「いやいやまあまぁありがたがってあげるからおとなしくしてくださいよ」

という話であり、これは現代でいうなら名誉職ややたら偉そうな肩書をつけることで

「いやいやもう現場にいるお人じゃないっすよ!」

ということで外へ追いやるシステムにとてもよく似ていますね、言われるほうも本当の理由で、ただ引いてくれといわれるよりも、落としどころがあることで抵抗がないでしょう
(たまに本気でそういうことを理解できていない方々はいますけれどね笑)

お払い箱=お祓い箱

上記と同じカテゴリですね、「わが社(部門)の損失は君のせいだ、だから辞めてもらう」
のようないわゆる「お払い箱」は「穢れ(悪いこと)を誰かのせいにして外部に捨てることで、内側の平穏を保つ」という方法です
現代では当て字が使われて「お払い箱」になったようですが、本来は「祓うべき穢れを捨てる時に封じる箱」のことらしいです

呪というのは結局のとこと、人間同士のコミュニケーションで必ず発生する負の部分をどう処理するか?
をシステム化したものなのでしょう
そう考えると、呪いの闇は人の闇、ということなのでしょうね…(΄◉◞౪◟◉`)

created by Rinker
KADOKAWA
¥792 (2021/07/24 18:19:27時点 Amazon調べ-詳細)

 









Posted in このえ書架

Related Posts