メニュー 閉じる

Flammaのアンプシミュレーターをためしてみる

めっちゃ売れてますね…なんでだろうと思いましたが、
初心者以外でもアンプシミュレーターはそこそこニーズがあるのでしょうね。
Podとかと比べると価格が桁が一つ安いですし。
こちらは名称がキャビネットシミュレータですが。

個人的にシミュレータはFractalAxe2*注1が決定版だと思っていますが、
(Kemper派の方にはすいません)
正直そこまでのクオリティを要しない練習やデモなどにはもっと軽くて小さいほうがいいなぁと思い、購入してみました。

*注1:Axe3は試したことさえないのでわかりません。

シミュレートしたアンプとして内蔵されているのは

DELUXEBLUE:Fender Blues Deluxe
AC31:VOX AC30
CORAL REEF:Two Rock Coral
PLEX 50:Marshall Plexi 50
BLUE EYE 100:Friedman BE-100
MB5TH GEN:Mesa Boogie Mark V
HVE 5151:EVH 5150

というプリセットで、各チャンネルにクリーンとドライブがあるので、合計14チャンネルあります。
が、私は正直PlexiとEVHのドライブしか使っておりません笑




 

 

評価

おすすめなところ
EVH5150やPlexiプリセットで激しく歪ませるぜ!とかキチキチに軋ませるぜ!
って場合にはものすごくいいと思います。
あと足もとにおいておけるのは、作業スペースが増えてよかったです。

とりあえずこのあたり参考になりそうです

操作性
操作性はクリーンとドライブの切り替えがフットスイッチ長押しという、慣れないと手間取るかもしれないとこだけが好きになれませんが、歪みエフェクトではないので、一度セッティングすれば頻回に切り替えるものではないので、あまり問題にならないかもしれません。



 

 

 

判断がむずかしいところ

クリーントーンはあまり使わない&興味が薄いので評価が難しいのですが、
どのチャンネルもデジタルや!って雰囲気の音ではあると思います。
クリーン系実機はジャズコーラスしか知らないのですが、
しいて無理やり言うならば、割と近い印象はありました。
もちろん解像度や音圧などその辺は比較になりませんが。

DAWなど宅録するなら?

HA経由で(無駄にManleyを使用)Logicに録音してみましたが、
やはり「音が軽い」感じは否めません。
ここに関しては「自宅でどこまで詰めるか?」という話なので、目的との兼ね合いでしょうね。
個人的には良くも悪くも扱いやすい音ではあるので、それをどう捉えるか?でしょう。
自分でミックスまでやりたい人にはEQなどの扱いは楽かもしれません。

向いていない使用法

・本格的なレコーディング
当たり前なのですが、個人的には「デジタルっぽい音ってだめなん?」と思うことはかなり多いので、
個人の嗜好の問題かもしれません。
YOASOBIとか見てるとそう思わざるをえないですよね。

・本物のアンプのような音を求める場合
上記と重複する話ですが、わりと「本物に近いはず」という前提で失望する方もいますので、
どこまでが許容範囲で、どういう使用法をするかは決めておく必要があります。

結局メリットとデメリット含めて、自分のスタイルにあえば素晴らしいギアだし、
そうでないならゴミという、極端な評価になる製品だと思います(΄◉◞౪◟◉`)




Posted in クリエィティブ , 音楽/DAW

Related Posts