メニュー 閉じる

SNSで片側方向からの視点を与えて物語を加重創製させる―ガザ地区の少女ファラ・ベーカーと偏向性情報

話自体は「140字の戦争」に収録されています
内容だけざっくり書きますと

・イスラエルの空爆を受けるガザ地区のパレスチナ人少女がその恐怖などをツイートし続けて、国際世論を動かすに至った
・少女の発信するツイートがうけた理由

などについての記述です

この書籍は様々な立場からのストーリーを収録しているので、章によって人物と舞台が違います
それが意味するところは、視点をどこに置くかで物語は見え方が違うというのが最大の訴求点ではないでしょうか
内容はSNSのパワー!という感じではありません
(違ったらすいません)

この記事は、各人各組織にたいして本を読んだ感想以上の意図はありません
ガザ地区という場所も、この紛争もあまりに長く複雑すぎて、事情を推し量ることすら私には不可能です、なので書いてあることへの感想が私の限界点です

created by Rinker
¥1,782 (2021/09/26 08:07:16時点 Amazon調べ-詳細)





市民ジャーナリスト/Produser ファラ・ベーカー

ファラ・ベーカーはガザ地区でイスラエル軍空爆を受ける少女という立ち位置です
彼女は恐怖や悲劇などを発信しつづけ、SNSを通じていわゆる人道的見地での訴求を続け、
国際世論を動かす、少なくともイスラエル軍に対応を迫るほどに至ったというものです

一方で、戦争そのものがどういう種類のものかには全く言及しておらず、
彼女が住む地域を実効支配する組織が病院などを司令部にして攻撃させにくくするなど、
人の盾作戦を公然と利用していたことには触れていません

どちらの当事者でもない、切片の傍観者ないし観測者の立場からすると
非人道性を訴えるならば言及すべきことはそこではないだろうか?と考えてしまいます

あくまで例としてですが、極端な言い換えを用いてみると

・相手に爆弾投下したら何千人死んだ、そしたら殴り返された

経過を知れば、殴り返されないほうがおかしいのでは?となるでしょう

しかしこのストーリーを知らずに、殴られた時点からの殴られた視点なら少女に同情的になってしまうのは理解がたやすいと思いませんか?

彼女がそれを意図していたかはわかりませんが
そういう切り取りや強調を用いるのがプロパガンダなどの基本です

まったくのデマは必ずバレますし、その時のダメージのほうが利益よりも大きく
今さえ凌げばいいという、かなり限定された国家と状況でしか基本ありえないので
基本戦術は真実と間違い(嘘ではない)が混ざっているのが王道です

誤字かと思われるProduserはまさにこの強調された情報を提供する市民版/個人版であり
コンテンツ/ストーリーを提供する人間たちを指しています

この話について忘れていけないのは、偏向性を含んだものであるとはいえ、
彼女はあくまで素材を提供しただけであり
運動力を加えて遠心力で誰かが描いたナラティブにしたのは、基本的には受け手の人間たちの集合意識的なものであることです

集合意識っていうとなんか違う気もする阿頼耶識…





読まない/読めない層のチカラ
感染症は検査数だけ増やせばOK!と叫ぶ一派がいますが

検査数を増やすだけで、医療機関が対応できないことには触れません

そしてそういう声が届いてしまうと、検査=治療、または検査すれば治るなどと
まったく意味不明の結果を頭にえがいてしまう方々は少なくはありません

これ置き換えると、体重を測れば何もしなくても減量できると同じくらいバカなことなんですけどね

現状、とにかく検査してほしいという声が多すぎて社会問題ですので、
彼らの提供した素材は狙うべきところにヒットして物語は動き出したのでしょう

ファラは立場に言及せず、状況を発信してナラティブの元素を生み出し
一派は、治療法も特になく、施設も人もいないけどとにかく検査こそ至高というデマ物語を作りだすに至りました

結局どちらも事実の検証などではなく、どの立場でどこからのどれを見るか?が起点です
SNS戦略に要求される勝利条件は“深くモノを考えない、ものを読まずクリックや言及する”層
へのアプローチができるか?というのは今や常識ですが、
ここまで奏功するとつらいを超えて苦笑いと言うところでしょうか

そういった層を狙うからこそ理解という過程を経ないといけないものより、
一目でわかる画像などのミーム*、恐怖と不安を燃料にした、目を惹くだけのタイトルや短文が重宝されるのでしょう

ますます文章を読めなくなる人が加速しますね!(*’▽’)

*ミームインターネットを通じて人から人へと、通常は模倣として拡がっていく行動・コンセプト・メディアのことである[1]。その主な例としては公共の場所で体を硬直させて寝ころぶ写真を投稿すること(プランキング)や、ハーレムシェイクという集団で踊るショートビデオのアップロードなどが挙げられる。またこれらのインターネットユーザーによる拡散行動を商業的に利用する手法の一例としてバズマーケティングへの利用などがある。

Wikipediaより引用













マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と
200GB~の大容量なサーバー環境が月額800円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー 『ヘテムル』

Posted in SNS , このえ書架 , 愚考

Related Posts